ショートデッキポーカーとは?ルールや遊び方を詳しく解説


ショートデッキポーカーとは?
ショートデッキポーカーは、通常のポーカーとは異なる、新しい形式のポーカーです。通常の52枚のカードデッキから2〜5のカードを除いた36枚のデッキで遊ぶため、「シックスプラスホールデム」や「シックスプラスポーカー」とも呼ばれます。このゲームは、特にアジアのカジノで人気が高まっており、世界中のプロプレイヤーたちも注目しています。

ネットカジノニュースではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年2月】
入金不要ボーナス プレ オープンランキング【2024年2月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年2月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年2月】

目次

ショートデッキポーカーのルール

ショートデッキポーカーのルールは、基本的にテキサスホールデムと同じですが、以下の点が異なります。

カードデッキ

通常の52枚のカードデッキではなく、2〜5のカードを除いた36枚のデッキで遊びます。

ハンドランキング

ショートデッキポーカーでは、ストレートがフルハウスよりも強いとされます。また、フラッシュがボートよりも強いとされることが一般的です。これらの変更は、カードの枚数が減ったことで確率が変わるためです。

アンティ

ショートデッキポーカーでは、通常、全員がアンティを払い、ボタンのプレイヤーがダブルアンティを払う形式が採用されています。これにより、アクションが盛り上がりやすくなっています。

ショートデッキポーカーの遊び方

ショートデッキポーカーの遊び方は、テキサスホールデムと基本的に同じです。以下に、簡単な手順を示します。

プレイヤー全員がアンティを支払い、ディーラーボタンのプレイヤーがダブルアンティを支払う。
ディーラーが全員に2枚のホールカードを配ります。

最初のベッティングラウンドが始まり、ディーラーボタンの左隣のプレイヤーからアクションが始まります。プレイヤーはフォールド(降りる)、コール(アンティに合わせる)、またはレイズ(アンティを上げる)のいずれかを選びます。

フロップ(コミュニティーカード3枚)がオープンに配られます。プレイヤーは再び、チェック(アクションをスキップ)、ベット(賭け金を入れる)、フォールド(降りる)、コール(相手のベットに合わせる)、またはレイズ(相手のベットを上げる)のいずれかを選びます。

ターン(コミュニティーカード1枚)がオープンに配られ、再度ベッティングラウンドが行われます。

リバー(コミュニティーカード1枚)がオープンに配られ、最後のベッティングラウンドが行われます。

ショーダウンに進み、残ったプレイヤーが手札をオープンにし、ハンドランキングを比較します。最も強いハンドを持っているプレイヤーがポットを獲得します。

ショートデッキポーカーでの戦術と戦略

ロイヤルストレートフラッシュ
ショートデッキポーカーでは、カードの枚数が減ることで各ハンドの確率が変わります。そのため、従来のポーカーとは異なる戦術や戦略が求められます。以下に、ショートデッキポーカーでのポイントをいくつか紹介します。

プレミアムハンドの価値が高まる

カードの枚数が減ることで、プレミアムハンド(例:ペアのエースやキング)の価値が高まります。積極的にプレイしていくことが勝利への鍵となります。

ストレートドローの価値が上がる

ショートデッキポーカーでは、ストレートの確率が高まるため、ストレートドローに価値があります。ドローのポテンシャルを見極め、適切なタイミングでアグレッシブにプレイしましょう。

ポジションの重要性

テキサスホールデム同様に、ショートデッキポーカーでもポジションは重要です。後ろのポジションからプレイすることで、他のプレイヤーのアクションを見ることができ、より有利な決断ができます。ポジションを意識して、適切なベッティングやアグレッションを行いましょう。

ブラフのタイミング

ショートデッキポーカーでは、ブラフの成功率が変わることもあります。相手のベッティングパターンやテーブルの雰囲気を読み、ブラフの成功率が高そうなタイミングで挑戦してみましょう。

ショートデッキポーカーを楽しむ場所

ショートデッキポーカーは、アジアを中心に世界各地のカジノでプレイすることができます。また、オンラインカジノでもショートデッキポーカーが提供されていることがありますので、まずはそちらで練習してみるのも良いでしょう。

まとめ

ショートデッキポーカーは、従来のポーカーとは異なる魅力があるカードゲームです。カードの枚数が減ったことで、確率や戦術が変わり、新たな刺激があるゲームです。興味を持った方は、ぜひチャレンジしてみてください。ルールを覚え、戦術を磨けば、ショートデッキポーカーで楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

注意喚起
目次