オンラインポーカーPPPokerで賭博開帳図利の疑い 福岡・名古屋の4人を逮捕

警察

福岡市と名古屋市を拠点とする男女4人が、オンラインポーカー(ネットカジノアプリ)「PPPoker」を利用して賭博を行い、手数料を取っていた疑いで逮捕されました。このグループは、約1億円の売上を上げたとして、警察が捜査を進めています。

逮捕されたのは、福岡市在住の会社員・平島尊人容疑者(30歳)と名古屋市在住の自営業者・青山央容疑者(34歳)を含む4人です。警察の調べによると、この4人は一昨年から昨年にかけて、外国企業が運営するポーカーアプリ「PPPoker」を使い、SNSで集めた約600人の顧客に賭博をさせていました。そして、顧客の勝ち分の5%を手数料として徴収していたとされています。

彼らは3年前から昨年6月までに約1億円の収入を得ており、賭博開帳図利の疑いでの逮捕に至りました。この事件は、オンラインポーカーの違法性やその運営方法について新たな議論を引き起こすものとなりそうです。

注意喚起
警察

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次