ストマックに有罪判決 ネットカジノ常習賭博罪のYouTuber懲役1年・執行猶予3年

警察

茨城県の水戸地裁で、自営業者でありYouTuber「ストマック」こと藤野正一被告(49)に対する判決が言い渡されました。藤野被告は、日本国内から繰り返しネットカジノにアクセスし賭けを行ったとして、常習賭博罪で起訴されていました。

裁判官の有賀貞博は、藤野被告に対して懲役1年、執行猶予3年の判決を下しました。有賀裁判官は判決理由について、「被告が短期間に何度も賭博行為を行ったことから常習性が顕著である」と指摘しました。また、藤野被告が賭博行為を動画配信し収益を得ようとしていた点について、「酌むべき事情はない」と判断しました。

しかし、被告が犯行を認めていることを考慮し、執行猶予が適切であるとされました。判決によると、藤野被告は2022年11月に41回にわたりネットカジノサイトに接続し、トランプゲーム「バカラ」で約530万円を賭けたとされています。

この事件は、オンライン賭博の違法性やその影響について改めて議論を呼び起こすものとなりそうです。

注意喚起
警察

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次