オンラインカジノの違法性とは?関連する法律や摘発事例、違法ではない遊び方も紹介

onlinecasino-illegal-top

近年、オンラインカジノが注目を集め、プレイヤー数を伸ばしています。そのような状況のなかで、オンラインカジノに興味はあるが、以下のように不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

  • オンラインカジノは違法なの?
  • オンラインカジノをプレイしたら摘発される?
  • 日本人はオンラインカジノを安心して遊べない?

オンラインカジノには、違法性がないところもあります。ただし、安全に遊ぶためには注意が必要です。

当記事では、オンラインカジノの違法性について、日本における関連する法律や摘発事例を交えながら解説します。また、違法とならない遊び方も合わせて紹介します。

ぜひ最後まで読んで、合法運営しているオンラインカジノを安心・安全に楽しんでください。

当記事のまとめ
  • オンラインカジノは合法運営が多い
  • 違法なオンラインカジノもあるので要注意
  • 日本からのプレイで摘発事例あり
  • 賭博行為に該当するため、国内からのプレイは非推奨
  • 今後のオンラインカジノを取り巻く環境変化に注目
  • オンラインカジノを安心して楽しむ方法も紹介

当サイトでは業界経験豊富な編集部メンバーが執筆したオンカジおすすめランキングの記事で特におすすめのカジノを紹介しています。

オンラインカジノは1つだけではなく、複数のカジノから選ぶことをおすすめします。

ネットカジノニュースではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

ネットカジノ おすすめ総合ランキング【2024年5月】
入金不要ボーナス プレ オープンランキング【2024年5月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年5月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年5月】

目次

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノは違法?合法?

ネットカジノとも呼ばれるオンラインカジノ。「オンラインカジノは違法じゃないの?」と考えている方もいらっしゃるでしょう。結論、オンラインカジノには違法運営・合法運営ともに存在します。

本章では、オンラインカジノとはどのような仕組みで合法運営されているかについて解説します。

オンラインカジノを合法として運営する仕組み

オンラインカジノを合法として運営する仕組み

オンラインカジノは、上の図のようにさまざまな機関が関わることによって合法運営されています。

合法運営に最も重要なのが、ライセンスです。ライセンスは各国政府がオンラインカジノの運営会社を厳しく審査し、健全に運営できる会社にのみ発行されます。ライセンス取得は政府公認を表しており、合法運営をするために欠かせません。

また、第三者監査機関の存在も、健全な運営に欠かせません。第三者監査機関は、不正やイカサマがなく、プレイヤーにとって公平なゲームが提供されているかをチェックする役割を持ちます。第三者監査機関はソフトウェア会社もチェック対象にしており、ソフトウェア会社が提供しているゲームプログラムに不正やイカサマの余地がないかを検査しています。

上記の仕組みにより、オンラインカジノで遊べるポーカーやバカラ・スロットなどのゲームは違法にはならず、安心して遊べるのです。なお、ライセンス情報はサイトトップに掲載されていることが多いため、気になる方は遊ぶ前にチェックしましょう。

オンラインカジノを運営する会社とは

オンラインカジノを運営する会社は、海外に拠点をおいて活動しています。株式上場している大手の会社もあるため、運営に対する信頼性や透明性が高い会社が多いといえるでしょう。

一方、ライセンスを取得せず、違法な状態で運営している会社もあります。違法営業のオンラインカジノでは不正やイカサマの被害にあう危険性が高いため、登録したり遊んだりしないように注意が必要です。

オンラインカジノ運営に必須のライセンスとは

ライセンスとは、オンラインカジノの運営許可証です。各国政府から発行され、世界的な信用の証にもなります。なお、ライセンスの取得は容易ではなく、以下をはじめとする厳しい審査をクリアしなければ発行されません

ライセンス発行の主な審査項目
  • 運営会社の資金力や健全な経営能力
  • 第三者監査機関の監査をクリアしたソフトウェア会社との契約
  • マネーロンダリングや組織犯罪の有無や関係性

また、ライセンスは1つだけではありません。さまざまな国でライセンスを発行しているため、主なライセンスと発行国を以下の表にまとめました。

ライセンス名発行国(政府)
MGAライセンスマルタ共和国
キュラソーライセンスオランダ領キュラソー
カナワケライセンスカナダ・ケベック州カナワケ
ジブラルタルライセンスイギリス領ジブラルタル
イギリスギャンブリングコミッションイギリス
PAGCORライセンスフィリピン
マン島ライセンスマン島
オルダニーライセンスイギリス領オルダニー

ライセンスにより審査内容が異なるため、オンラインカジノによって取得しているライセンスが異なります。

違法なオンラインカジノとは

ライセンスを取得していない運営会社が運営するオンラインカジノは、違法営業している状態といえます。また、ライセンスを取得した運営会社であっても、賭博禁止国で運営している場合には、違法営業になってしまいます。

たとえば、実質的な運営が日本や台湾などでおこなわれている場合には、違法営業です。過去には、そのようなケースで運営会社が摘発された事例もあります。

また、オンラインカジノと似たような形態で、インターネットカジノが存在します。インターネットカジノとは、オンラインでカジノゲームを楽しむ場所を提供するところです。インターネットカジノは、別名・闇カジノとも呼ばれており、日本では違法です。過去にはプレイヤーの摘発事例もあるので、遊ばないように注意してください。

日本におけるオンラインカジノの違法性とは?

日本におけるオンラインカジノの違法性とは?

前章まででオンラインカジノの合法運営について説明しましたが、「日本からプレイするのは違法なの?」と気になる方もいるでしょう。そこで本章では、日本におけるオンラインカジノの違法性について解説します。詳しく見ていきましょう。

日本では賭博行為に該当

オンラインカジノはリアルマネーを賭けるオンラインギャンブルです。ギャンブルは日本語で賭博を意味しており、賭博とは「2人以上の者が、偶然の勝敗により財物や財産上の利益の得喪を争う行為」と定義されています。そのため、オンラインカジノのプレイは、日本では賭博行為に該当するのです。

賭博に関して、日本の刑法に以下のような記述があります。

第百八十五条 賭と博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

引用:刑法(https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=140AC0000000045)

上記法律により、日本で認められている賭博以外で賭博行為があった場合には、賭博罪が成立する可能性があると認識しておくとよいでしょう。

日本で認められている賭博行為

日本の法律において、ギャンブルが賭博行為に該当するのは前項の説明のとおりです。しかし、以下のギャンブルは管轄する省庁があり、賭博行為であっても罪に問われないと容認されています。

ギャンブルの種類管轄する省庁
宝くじ総務省
スポーツくじ文部科学省
競馬農林水産省
競艇国土交通省
競輪経済産業省

上記のとおり、容認される賭博行為にオンラインカジノは含まれていません。

なお、パチンコ・パチスロは警察庁・警視庁が管轄していますが、景品を景品交換所で換金する三店方式を採用しているため、賭博罪に問われることはありません

結論|日本からのプレイは非推奨

結論、オンラインカジノを日本からプレイするのはおすすめできません。インターネットさえあれば、日本からでもオンラインカジノで遊ぶことは可能です。しかし、オンラインカジノのプレイは賭博行為に該当してしまい、過去にはプレイヤーが摘発された事例もあります。

オンラインカジノをプレイすると、必ず摘発されるというわけではありません。オンラインカジノのプレイはオンラインでおこなわれているため、実態がわかりにくく、摘発されにくいのが現状です。しかし、確実に摘発事例は増えてきているため、摘発リスクを犯してまでプレイするのは考えたほうがよいでしょう。

オンラインカジノが違法として摘発された事例

オンラインカジノが違法として摘発された事例

日本におけるオンラインカジノに関する摘発・逮捕事例は複数あります。本章では、以下2つの視点で摘発事例を紹介します。

  • プレイヤーが摘発された事例
  • 運営者側が摘発された事例

摘発事例は反面教師となる、よい教材です。詳しく確認していきましょう。

プレイヤーが摘発された事例

まずは、プレイヤーが摘発された3事例を紹介します。

  • スマートライブカジノ事件
  • 男性巡査が書類送検事件
  • YouTuber逮捕事件

プレイヤーはどのような点で摘発・逮捕されたのか、詳細を見ていきましょう。

スマートライブカジノ事件

2016年3月に発生した、スマートライブカジノ事件。初のオンラインカジノプレイヤーが摘発・逮捕された事件として注目を集めました。

スマートライブカジノ事件では、3名のプレイヤーがスマートライブカジノで賭博をおこなったとして、賭博罪を理由に逮捕されています。逮捕のきっかけは、プレイヤーがSNSやブログにオンラインカジノに関する内容をID付きで載せたことです。これを警察が発見したことにより捜査が開始され、逮捕に至っています。

なお、スマートライブカジノは海外で合法運営されていましたが、実質的な胴元が日本にいると判断され、賭博罪の適用が決定されています。

3名の摘発されたプレイヤーのうち、2名は略式起訴を受け入れて罰金を納めていますが、1名は弁護士を立てて徹底抗戦し、不起訴処分となりました。

スマートライブカジノ事件は、オンラインカジノのプレイが賭博行為に該当し、逮捕される可能性があることを示しています。一方で、オンラインカジノが日本でグレーゾーンにあること、海外で合法運営していても、実質的に日本で運営していれば違法性があることを示唆した事件といえます。

男性巡査が書類送検事件

2023年4月に発生した、男性巡査書類送検事件。警察関係者が摘発された事例として注目を集めました。

男性巡査書類送検事件では、山梨県の県警察学校の初任科生だった20代の男性巡査が書類送検されています。男性巡査が複数回にわたってオンラインカジノで賭博行為をおこなったという通報があり、発覚しました。書類送検後は、男性巡査は本部長訓戒処分を受け、その後男性巡査は依願退職したようです。

男性巡査書類送検事件は、通報により摘発される可能性があることを示唆しています。オンラインカジノをプレイしていることが公にわかると、リスクにつながるといえるでしょう。

YouTuber逮捕事件

2023年9月に発生した、YouTuber逮捕事件。エルドアカジノでスロットゲームをプレイする動画をYouTubeで配信したことがきっかけで、摘発・逮捕されました。逮捕された男性は、動画配信を通してエルドアカジノより3,000万円を受け取っていたそうです。この男性は罰金50万円を納付し、保釈されています。

また、2024年2月にも、エルドアカジノでバカラをプレイしている動画をYouTubeで配信した男性が逮捕されました。オンラインカジノでプレイしている様子をライブ配信していたことから、賭博罪が適用されています。

YouTuber逮捕事件は、賭博行為となるオンラインカジノのプレイを配信することの危険性を示唆しているといえます。

運営者側が摘発された事例

続いて、運営者側が摘発された2つの事例について紹介します。

  • NetBanQ事件
  • ドリームカジノ事件

NetBanQ事件

2016年2月に発生した、NetBanQ事件。オンラインカジノの運営会社ではなく、入金や出金を仲介する決済会社が摘発された事例です。

NetBanQは日本国内の決済会社として、オンラインカジノへの入出金をサポートしていました。その総額は23億2,800万円にもなったといわれています。NetBanQはプレイヤーの入出金をサポートする行為が賭博の胴元になると判断され、摘発されました。運営者2名が賭博罪などで逮捕されています。

同様の事件に、2023年8月に発生したスモウペイ事件もあります。スモウペイも決済代行業者で、7名の幹部が逮捕されました。

ドリームカジノ事件

NetBanQ事件やスモウペイ事件は、決済代行業者であっても、国内運営では違法性があることを示しています。

2016年6月に発生した、ドリームカジノ事件。日本でオンラインカジノを運営したとして、経営者ら5人が逮捕されました。

ドリームカジノはキュラソーライセンスを取得しているとサイト上に表記していました。しかし、サポートが日本語のみであることから、実質的に日本で運営していると警察が判断し、摘発に踏み切ったようです。

また、2024年2月には、ドラ麻雀事件という同様の事例が発生しています。ドラ麻雀事件でもライセンス保有を主張していましたが、実質的な運営を日本国内でおこなっていたとして、運営者7人とプレイヤー6人が逮捕されました。

ドリームカジノ事件やドラ麻雀事件は、オンラインカジノがライセンスを取得していたとしても、実質的に日本国内で運営された場合も、違法運営であることを示唆しています。

日本におけるオンラインカジノの今後の動向

日本におけるオンラインカジノの今後の動向

現状、日本でのオンラインカジノプレイは非推奨ですが、日本でもカジノ合法化に向けた検討が進んでいます。本章では、日本におけるオンラインカジノの今後の動向に関する以下2点について解説します。

  • カジノ法案(IR法案)の影響
  • 今後の見通し

日本でのオンラインカジノの今後について、確認していきましょう。

カジノ法案(IR法案)の影響

オンラインカジノにも影響するであろうカジノ法案(IR推進法)が2016年12月に成立し、2018年7月にはIR整備法が成立しました。

IR(Integrated Resort)とは、統合型リゾートのことであり、カジノを含む映画館・ショッピングモール・スポーツ施設・スパなどの複合型施設のことです。IRは海外からの観光客を集め、日本の財政の一助にすることを計画しています。そのなかに、法律に則ってカジノを適切に運用することも含まれています。

そのため、カジノ法案は日本におけるカジノの合法化を推進しているといえるでしょう。カジノ法案のなかでオンラインカジノへの言及はありませんが、カジノが合法化されれば、何かしらの影響があることは間違いないと考えられます。オンラインカジノが気になる方であれば、今後のIRの動向から目が離せません。

今後の見通し

カジノ法案ではオンラインカジノについて言及されていないため、日本におけるオンラインカジノの今後については明確になっていません。しかし、カジノだけでなくオンラインカジノをヨーロッパのように合法化すれば、財政確保に役立てられるため、将来的には認められることも考えられます。

一方、オンラインカジノを合法化する場合には、オンラインという特性から全世界に影響するため、国際的な理解や協力が欠かせません。また、日本において賭博行為として設定していたオンラインカジノというギャンブルを、社会が受け入れられるかといった社会的需要度の厳しさなども存在します。

日本におけるオンラインカジノの合法化には、上記のようなメリットやデメリットもあるため、今後の日本政府の判断に注目が集まっています。

オンラインカジノの違法ではない遊び方

オンラインカジノの違法ではない遊び方

日本では賭博行為に該当するオンラインカジノのプレイですが、違法とならない遊び方も存在します。本章では、安全にオンラインカジノで遊ぶ3つの方法を紹介します。オンラインカジノを安全・安心に楽しんでみましょう。

海外から遊ぶ

オンラインカジノは、海外から遊べば安全に遊べます

オンラインカジノでのプレイは賭博行為に該当し、刑法でも賭博は罪に問われると記載されています。しかし、刑法第2条に記載された日本国民の海外での罪に、賭博に関する記述はありません。海外からオンラインカジノをプレイする分には、日本の刑法は適用されないのです。

そのため、海外からオンラインカジノにアクセスすれば、カジノゲームやスポーツベットを思う存分楽しめます。ただし、オンラインギャンブル法改正があった台湾のように、オンラインカジノが禁止されている地域でのプレイは違法となるため避けましょう。

海外から遊ぶのにおすすめのオンラインカジノ

海外から遊ぼうとした際、オンラインカジノの選択肢が多くあるため、どこで遊ぼうかと迷ってしまう方もいるでしょう。そこで、安全でお得に遊べるおすすめオンラインカジノを以下の表にまとめました。各オンラインカジノの特徴も紹介しているので、遊ぶサイト選びの参考にしてください。

オンラインカジノ名特徴公式URL
新クイーンカジノ業界最高峰の入金不要ボーナス108ドル+88FS!https://shinqueen.com/ja/
7スピンカジノ賭け条件の緩い初回入金キャッシュバックが嬉しい!https://7spin.com/
ベラジョンカジノ信頼と実績の老舗オンラインカジノ!https://www.verajohn.com/ja/
遊雅堂和風デザインで日本円でプレイ可能!https://www.yuugado.com/
ビーベット格闘技をはじめとしたスポーツベットがあつい!https://beebet.com/ja/sports

デモプレイを楽しむ

オンラインカジノに登録せず、デモプレイだけであれば安全に楽しめます

デモプレイとは、リアルマネーをベットせずに無料で遊ぶ方法です。すべてのゲームに設定されてはいませんが、スロットやテーブルゲームなど、多くのカジノゲームにデモプレイが設定されています。なお、ライブカジノやスポーツベットはデモプレイに対応していません。

デモプレイを楽しめるおすすめのオンラインカジノ

デモプレイを簡単に楽しめるオンラインカジノを紹介します。以下サイトであれば、アカウント登録をしなくても、該当ゲームをタップするだけでデモプレイが可能です。デモプレイであれば違法とならないため、オンラインカジノの雰囲気やゲーム単体の面白さを体験してみてください。

オンラインカジノ名特徴公式URL
ベラジョンカジノ信頼と実績の老舗オンラインカジノ!https://www.verajohn.com/ja/
遊雅堂和風デザインで日本円でプレイ可能!https://www.yuugado.com/
ビーベット格闘技をはじめとしたスポーツベットがあつい!https://beebet.com/ja/sports

完全無料版サイトでプレイする

一部のオンラインカジノでは、完全無料版サイトを公開しています。アカウント登録が必要な場合もありますが、入出金の機能はなく、一般的なゲームサイトとして日本国内からも遊べます。オンラインカジノの雰囲気を味わえるため、体験版として楽しんでみてください。

おすすめの完全無料版サイト

おすすめの完全無料版サイトを以下の表で紹介します。合法運営されているサイトなので、安心して楽しんでください。

完全無料版サイト名公式URL
ベラジョン無料版https://verajohnfree.com/
旅カジFREEhttps://www.casitabifree.com/
レオファンhttps://www.leo.fun/

オンラインカジノの違法性についてよくある質問

オンラインカジノの違法性についてよくある質問

本章では、オンラインカジノの違法性についてよくある4つの質問について回答します。

  • オンラインカジノが違法だといわれるのはなぜ?
  • オンラインカジノが違法なのはいつから?
  • オンラインカジノの勝利金に税金はかかる?
  • オンラインカジノ利用で容疑をかけられたらどうすればよい?

疑問点は早いうちに解消しておきましょう。

オンラインカジノが違法だといわれるのはなぜ?

オンラインカジノのプレイは日本では賭博行為に該当するためです。日本での賭博行為は、政府から認められた競馬や競輪・競艇・宝くじなどの一部を除いて禁止されています。

オンラインカジノが違法なのはいつから?

2016年あたりからオンラインカジノに関する摘発事例が目立ってきていますが、オンラインカジノのプレイが賭博行為に該当するのは、それよりずっと以前からです。現在の刑法が制定され、公営のギャンブルが設定されたときからなので、オンラインカジノが登場したときにはすでに違法だったと考えてよいでしょう。

オンラインカジノの勝利金に税金はかかる?

オンラインカジノの勝利金が一定額を超える場合には税金がかかります。日本国内に在住しているのであれば、出金した勝利金は一時所得に該当し、50万円以上であれば確定申告のうえ、納税する義務が発生します。確定申告せず納税を怠ると、脱税という違法行為になるため注意してください。

オンラインカジノ利用で容疑をかけられたらどうすればよい?

オンラインカジノ利用で摘発された場合、書類送検された後、略式起訴で終わる場合がほとんどです。万が一逮捕されるようなら、自分で対応しようとせず、弁護士を呼んで相談しながら対応してください。

オンラインカジノの違法性を理解して安心・安全に楽しもう

本記事では、オンラインカジノの違法性について解説していきました。

オンラインカジノは、海外では政府からのライセンス発行を受けて合法運営しています。しかし、日本からのプレイは賭博行為に該当し、実際にプレイヤーや運営者が摘発・逮捕された事例が複数あります。

日本では、カジノ法案成立によりカジノの合法化に向けての動きが本格化していますが、現状オンラインカジノへの言及はありません。しかし、カジノが合法化された場合には、オンラインカジノへも何かしらの影響は予想されるので、今後の動向に注目です。

オンラインカジノの違法ではない遊び方も紹介していますので、そちらを参考にオンラインカジノを安全・安心に楽しんでください。

注意喚起
目次