マカオのカジノでの予算は?軍資金について詳しく解説

マカオはラスベガスを凌ぐカジノの中心地として急成長しています。この中国の特別行政区は、かつてポルトガル領だった歴史を持ち、2002年から外資のカジノ運営が許可されました。使用通貨はマカオ・パタカと香港ドルで、後者は約16.5円から17円の価値があります。マカオのカジノ事情や予算、オンラインカジノとの比較を探ります。

マカオのカジノの予算の目安

  • 観光メインで1~3万円の予算:
    • 観光メインで楽しむ方向けの予算。バカラやスロットマシンでの軽い遊びや運試しに適しています。
  • カジノと観光を楽しむなら3万~10万円:
    • カジノを楽しみつつ、観光も含めた多彩な体験を望む方向けの予算。バカラや他のカジノゲームで本格的に楽しむにはこの程度の予算が必要です。
  • カジノ専門の旅行では10万円以上を計画:
    • カジノでの本格的な勝負を求める方や、ギャンブルを目的とする方向けの予算。100万円から300万円程度の資金が理想的で、大きな勝負を狙う準備が必要です。

ネットカジノニュースではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年2月】
入金不要ボーナス プレ オープンランキング【2024年2月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年2月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年2月】

目次

マカオでのカジノ体験と予算の立て方

マカオのカジノ体験に必要な予算は、選ぶゲームや遊びの目的によって変わります。資金の必要量は、遊ぶ国や地域(韓国、ラスベガス、フィリピン、シンガポールなど)によっても異なるため、それぞれの場所での通貨と最低賭け金を考慮する必要があります。

マカオでの賭け金:高額が普通

フィリピンや韓国のカジノは低ミニマムベットで知られ、対照的にマカオではベット額が高めです。マカオでカジノを満喫するには約10万円の予算が目安ですが、観光が主な目的ならそれほどの額は不要です。この点を踏まえて、さらに詳しく説明します。

JPYとHKD:マカオでの通貨交換の便利さ

香港とマカオは異なる歴史を持つ、中国の特別行政区です。香港はイギリス領、マカオはポルトガル領の過去があります。マカオでは広東語、ポルトガル語が公用語で、マカオ・パタカ(MOP)が基本通貨。しかし、カジノでは香港ドルも広く使われ、事前に両替しておくと便利です。ただし、計画的に使うためには、必要額だけを両替することが賢明です。

カジノのミニマムベットとは?

カジノではゲームごとに最低賭け金、ミニマムベットが設定されており、この金額未満では賭けられません。各ゲームやテーブルで異なるこの金額は、プレイする際の最低限の投資額です。例えば、日本の競馬や競艇では最低100円から賭けられますが、カジノも同様に最低賭け金があります。カジノによってミニマムベットは異なり、特にマカオでは他地域と比べて高めに設定されていることが特徴です。

マカオカジノのミニマムベットと必要予算

マカオのカジノでは、各ゲームに最低賭け金(ミニマムベット)が設けられているため、選択するゲームに応じて必要な資金が異なります。遊びたいゲームを基に予算を計画し、余裕を持った資金準備が推奨されます。事前にゲームごとのミニマムベットを確認し、それに基づいて予算を立てることが大切です。

マカオのゲーム別ミニマムベットガイド

マカオのカジノでのゲーム別最低賭け金は、バカラやブラックジャックで約4,000円からと高めです。スロットは13.5円から、ルーレットは135円からと幅広い設定があります。各ゲームのミニマムベットは、遊びやすさに大きく影響します。

ゲームの種類ミニマム賭け金の平均日本円換算
バカラ300HKD~500HKD4,050円~7,500円
ブラックジャック300HKD~500HKD4,050円~7,500円
ポーカー100HKD~500HKD1,350円~7,500円
大小(シックボー)100HKD~500HKD1,350円~7,500円
ルーレット10HKD~100HKD135円~1,350円
スロットマシン1HKD~10HKD13.5円~135円

マカオのミニマムベット:他国との比較

マカオのカジノのミニマムベットは、韓国やフィリピンのカジノに比べて顕著に高いです。韓国ではバカラが約260円、ブラックジャックが約520円からスタートし、フィリピンでもこれらのゲームは約400円から可能です。これに対し、マカオはより高い賭け金で知られており、他国のカジノと比較して明らかに高額なミニマムベットが特徴です。

マカオカジノでの目的別予算額

マカオはカジノだけでなく、媽閣廟や聖ポール天主堂跡、セナド広場を含む「マカオ歴史地区」など世界遺産も含む多彩な魅力を持つ観光地です。この多様性から、マカオではさまざまな楽しみ方が提案されています。ここでは、目的に応じたマカオのカジノでの推奨予算を紹介します。

観光メインで1~3万円の予算

観光を中心に、日本との文化差を味わいつつカジノでの軽い遊びも考えている方は、大きな予算は不要です。バカラでの数回のプレイやスロットマシンでのちょっとした運試しには、1万円から3万円の資金があれば楽しむことができます。

カジノと観光を楽しむなら3万~10万円

カジノをメインにしつつ観光も楽しみたい場合、より多くの予算が求められます。例えば、バカラで10回プレイするには約4万円が必要です。そのため、カジノと観光の両方を満喫するには、最低でも3万円から10万円の資金を用意することが望ましいです。

カジノ専門の旅行では10万円以上を計画

純粋にギャンブルを目的とするギャンブラーには、最低10万円以上の予算が推奨されます。マカオのカジノでのミニマムベットを鑑みると、本格的な勝負には100万円から300万円程度の資金が理想的です。まるでボーナスを手にマカオでの大勝負を狙うような準備が必要です。

オンラインカジノとランドカジノ

実際のカジノには独自の魅力がありますが、旅費や宿泊費などの追加コストが発生します。また、異文化を体験する楽しみがある一方で、それに伴うリスクも考慮する必要があります。対照的に、オンラインカジノはアクセスしやすく、リスクが少なく、最低ベット額が低めで多くのボーナスが提供されるため、利便性が高いと言えます。

入金ボーナスと現金化の便利さ

実際のカジノでは、オンラインカジノのような入金ボーナス相当の特典は提供されていません。飲食の無料提供はあるものの、プレイ前の資金増加をサポートするサービスは存在しないのが現状です。ただし、キャッシュバックはランドカジノにもありますが、この点ではオンラインカジノも同様のサービスを提供しています。全体的に、賭け金に関連する特典ではオンラインカジノの方が充実していると言えます。

渡航不要で楽しめるオンラインカジノ

ランドカジノを訪れる際は、航空券と宿泊費が大きな経済的負担となります。マカオへの旅行では、航空券だけで5万円から15万円かかり、宿泊費も加わるとさらに費用が増えます。一方、オンラインカジノはインターネット接続があれば場所を選ばずにアクセス可能で、移動中や外出先でも気軽に遊べる利点があります。また、日本語サポートが整っているため、言語の問題で困ることも少ないです。

高還元率を誇るオンラインカジノ

オンラインカジノは、ランドカジノに比べて物理的な施設の維持費が不要です。ランドカジノでは高額な施設維持費がかかるため、これがプレイヤーへの還元率に影響を及ぼします。結果として、オンラインカジノはプレイヤーにとってより有利な条件を提供でき、勝ちやすさの面でもオンラインカジノがランドカジノより優れていると言えます。

ゲーム種類還元率
オンラインカジノ98%
パチンコ85%
競馬75%
競輪75%
競艇75%
オートレース75%
宝くじ45%
サッカーくじ45%

ミニマムベットが低いオンラインカジノ

オンラインカジノの大きな魅力は、非常に低い最低賭け金から遊べる点です。例えば、マカオのカジノでバカラの最低ベットが平均4,000円程度なのに対し、オンラインでは約100円から参加可能です。スロットやルーレットなど他のゲームでも、10円からの超低額ベットで楽しむことができます。この手軽さは、少額の資金でも充分にエンターテインメントを享受できる、オンラインカジノならではの利点です。

おすすめのオンラインカジノ

オンラインカジノを体験したい方は、以下のリンクからスタートしてみてください。現地へ行かずとも楽しめます!

カジノレオ

カジノレオは、使いやすい入金不要ボーナスと入金ボーナスを提供しており、頻繁に様々なプロモーションを実施しています。特に、人気プロバイダーのビデオスロットが先行して遊べる点や、スロットに焦点を当てたゲーム提供が特徴です。カジノレオでは、最大15万円のウェルカムボーナスがあり、賭け条件が20倍と消化しやすいのも魅力の一つです。また、WIN FAST社のスロットを独占配信しており、最新のスロットも先行導入されることがあります。

カジノレオのボーナス

ボーナス種類詳細ボーナスコード賭け条件
入金不要ボーナスフリースピン30回転【当サイト限定】GEKIATSU30なし
初回入金ボーナス100%最大30,000円300LEO20倍
2回目入金ボーナス100%最大50,000円500LEO20倍
3回目入金ボーナス100%最大70,000円700LEO20倍

\ 【当サイト限定】無料登録でFS30回貰える /

入金不要ボーナスの貰い方

登録時にボーナスコード【GEKIATSU30】を入力してください。

ビーベット

ビーベットは、オンラインカジノゲームとスポーツベットを提供する人気のオンラインカジノです。特に、他ではベットできない人気格闘技イベントに賭けて楽しめる点が魅力的です。新規登録者には、スロットまたはスポーツベットで使用可能な入金不要ボーナスが選べる特徴があります。これにより、オンラインカジノやスポーツベットを初めて体験する人にもおすすめできます。

ビーベットのボーナス

ボーナス種類詳細ボーナスコード賭け条件
入金不要ボーナス(カジノ専用)40ドル【当サイト限定】40GEKIATSU20倍
入金不要ボーナス(スポーツ専用)10ドル10SPORTSなし
初回入金ボーナス100%最大500ドル100SLOT(入金額+ボーナス)の10倍

\ 【当サイト限定】無料登録で40ドル貰える /

入金不要ボーナスの貰い方

登録時にボーナスコードを入力してください。

  • カジノ用40ドルボーナスを貰う場合:ボーナスコード【40GEKIATSU】
  • スポーツベット用10ドルボーナスを貰う場合:ボーナスコード【10SPORTS】

※カジノ用とスポーツベット用どちらか片方を貰うことができます。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、プレイヤー数No.1を誇る、安心と信頼の長期運営実績を持つオンラインカジノです。独占ゲームや先行配信ゲームが多数あり、豊富なボーナスとプロモーションで多くのプレイヤーを魅了しています。

ベラジョンカジノのボーナス

ボーナス種類詳細賭け条件
入金不要ボーナスフリースピン150回転【当サイト限定】(30ドル相当)20倍
初回入金ボーナス200%最大500ドル+スイートボナンザ・ベラジョンのフリースピン25回20倍
2回目入金ボーナス50%最大250ドル20倍
3回目入金ボーナス100%最大200ドル20倍
10日間連続スピンクレジット50ドル相当-

\ 【当サイト限定】無料登録で30ドル相当貰える /

マカオカジノで実際に遊ぶ上での注意点

マカオカジノではチップは不要

マカオのカジノ文化では、他地域と異なり、ディーラーやドリンクサービスへのチップの習慣が特徴的です。一般的に、マカオではディーラーやドリンク係へのチップを通常は渡しません。しかし、大きな勝ちを収めた場合には、テーブルを去る際に勝ち金の約10%をチップとして残すことがあります。ドリンクサービスのスタッフには、1~2香港ドルのチップを渡すのが一般的です。

盗難や言語の壁に注意

マカオでは広東語とポルトガル語が公用語であり、カジノ内では主に英語が通じます。英語に自信がない方は、意思疎通の不足からトラブルに巻き込まれるリスクがあります。さらに、カジノは金銭を多く持つ人が集まるため、窃盗やスリなどの犯罪に遭遇する可能性も否定できません。万が一、犯罪に遭遇した際にも、語学力が不足していると警察への報告やその後の対応に困難を感じることがあります。

スリや窃盗への警戒

カジノ内では高額を扱うため、スリや盗難の危険性が高いです。絶対に貴重品を見えない場所に放置しないようにしましょう。財布やチップは、常に自分が視認できる範囲、特に体の前面に保持することが重要です。視界から外すと盗難の可能性が増しますので、この点をしっかりと認識してください。

重要書類如くパスポートや航空券が盗まれた場合、単なる金銭損失以上の重大な問題に発展します。カジノでの楽しみが原因で「帰国困難」という状況にならないよう、注意が必要です。

カジノ内の言語の壁

マカオのカジノでは主に英語が使用されるため、英語に自信がないとカジノ内でのコミュニケーションに苦労する可能性があります。特に、ディーラーとの交流はカジノ体験の大切な部分であり、英語力が不足しているとその楽しみを十分に味わうことが難しくなります。したがって、海外のカジノで充実した体験をするためには、ある程度の英語力が必要不可欠であると言えるでしょう。このことからも、カジノでの遊びを最大限に楽しむためには、事前に英語のスキルを磨いておくことが推奨されます。

マカオのカジノの予算に関するまとめ


ギャンブル愛好者にとってランドカジノは憧れの場所ですが、渡航や宿泊の費用、さらには言語の壁など、訪れるための障壁は確かに存在します。確かにランドカジノの独特な雰囲気や臨場感は魅力的ですが、これらの要素がデメリットに感じられることもあります。一方で、オンラインカジノは利便性が高く、経済的な利点もあり、リスクが低いため、多くの点で理想的な選択肢と言えるでしょう。
外資によるカジノ運営が許可されて以来、マカオではマカオ・パタカと香港ドルが主に使用される通貨となっています。香港ドルは、その価値が一定の範囲内で変動しています。マカオのカジノ事情、予算計画、そしてオンラインカジノとの比較について深掘りしていきます。

注意喚起
目次