ビーベット(BeeBet)で出金すると税金はかかる?後悔しない方法を徹底解説

beebet-tax-top

ビーベット(BeeBet)出金したお金は税金の対象になるのだろうか?」

「税金を払わないとどうなるの?」

「ビーベットで安全に遊ぶにはどうすればいいの?」

これからビーベット(BeeBet)で遊びたい方の中には上記のような疑問を持つ方もいるでしょう。

この記事では、ビーベット(BeeBet)で稼いだお金の税金を納める理由や計算方法、未納がバレた際の処罰について分かりやすく紹介しています。また、確定申告の方法や節税方法、ビーベット(BeeBet)での入出金の方法についても解説しているので、ぜひお役立てください。

ネットカジノニュースではおすすめオンラインカジノをニーズ別で比較・ランキング化しています。
是非参考にしてください。

オンラインカジノ おすすめ総合ランキング【2024年6月】
新規カジノの入金不要ボーナスランキング【2024年6月】
初回入金ボーナス 甘いランキング【2024年6月】
新しいオンラインカジノランキング【2024年6月】

目次

ビーベット(BeeBet)で出金すると税金は発生する?

ビーベット(BeeBet)で出金すると税金は発生する?

ビーベット(BeeBet)に限らず、全てのオンラインカジノで出金すると、出金した金額により課税の対象かどうかが変わります。税金が発生する場合と発生しない場合では、出金額や出金額以外に条件があるのでしょうか。

自分が課税対象に該当するのか、該当しないのか、それぞれ以下で詳しく解説するので、確認していきましょう。

税金が発生する場合

ビーベット(BeeBet)で税金が発生する場合は以下の2通りです。

  • 給与所得がある場合:勝利金が「90万円以上」のとき
  • 給与所得がない場合:勝利金が「50万円以上」のとき

勝利金は、それぞれ1月1日から12月31日までの間の合計です。また、給与所得の有無により、税金が発生する勝利金の金額が異なるため注意しましょう。

勝利金の課税金額の計算方法については後で詳しく解説します。

税金が発生しない場合

ビーベット(BeeBet)で税金が発生しない場合は以下の3通りです。

  • ビーベット(BeeBet)で遊んだが負けたとき
  • 給与所得がある場合:勝利金が「90万円未満」のとき
  • 給与所得がない場合:勝利金が「50万円未満」のとき

ビーベット(BeeBet)で遊んだ際に収支がマイナスの場合、税金は発生しません。しかし、勝利した場合でも給与所得の有無により税金が発生しないための勝利金の金額が異なるため注意が必要です。勝利金が発生しても上記の3つの条件に当てはまる場合には税金が発生しないため、勝利金をそのまま出金できます。

ビーベット(BeeBet)で賭けたお金はいくらまで経費になるのか?

ビーベット(BeeBet)で賭けたお金はいくらまで経費になるのか?

ビーベット(BeeBet)で儲けたお金は一時所得に該当するため「勝った場合の賭け金」のみが経費の対象です。以下の表を使って具体例を解説します。

日付賭けた金額勝利金勝敗
1月1日5,000円10,000円勝ち
1月2日3,000円0円負け
1月3日6,000円15,000円勝ち

上記の表の場合、勝利した1月1日の「5,000円」と1月3日の「6,000円」のみが経費として扱われるため、賭け金の全額が経費にはならないことに注意が必要です。また、勝利金の課税対象も「勝った場合」のみですが、勝利金と利益額は異なるので注意しましょう。上記の表の場合での利益額は以下のように計算します。

  • 利益額=25,000円(勝利金)ー11,000円(賭けた金額)=14,000円

ビーベット(BeeBet)では勝った場合の賭け金のみが経費となり、賭けた金額がそのまま経費にはならないため注意しましょう。また、利益額を計算するための勝利金も経費と同様です。そのため、勝利した時には「賭けた金額」と「勝利金」を記録しておきましょう

ビーベット(BeeBet)での税金の未納がバレたらどうなる?

ビーベット(BeeBet)での税金の未納がバレたらどうなる?

ビーベット(BeeBet)での税金に関わらず、収入を得た場合は以下3つのことが起きるため納税が必須です。

  • 信用情報が傷ついてしまう
  • 重加算税(罰金)を納める必要がある
  • 取り立てが行われる

税金を払わないために上記の3つが起きた場合、社会生活に支障が出るため注意が必要です。それぞれどのような影響があるのか理解していきましょう。

信用情報が傷ついてしまう

税金が未納の場合には信用情報が傷つき、クレジットカードの作成やローンの申請が難しくなる可能性があります。個人の信用情報は「CIC(割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関)」や「JICC(日本信用情報機構)」などの信用情報機関に掲載されています。

また、税金が払えず債務整理や自己破産するとブラックリストに掲載され、社会的信用を失ってしまうのです。1度信用情報に傷がつくと事故情報は5年間消えないため、今後クレジットカードの作成やローンの申請予定のある方は、信用情報を保つためにも必ず納税しましょう。

重加算税(罰金)を納める必要がある

ビーベット(BeeBet)での税金が未納の場合、本来納めるべき税金に加えて重加算税(罰金)の納付も必要であり、以下2つの罰金が追加されます。

  • 加算税
  • 延滞税

加算税の納付額は、本来納付すべき税額に対して以下のように異なります。

  • 納付すべき金額が50万円以下の場合:納付予定金額の15%が追加
  • 納付すべき金額が50万円以上の場合:納付予定金額の20%が追加

また、延滞税は納付日により税率が異なります。

  • 翌日から2月末までの場合:納付予定金額の7.3%追加
  • 1年以上経過した場合:納付予定額の14.6%追加

上記のように納付金が大きくなるほど罰金の税率が上がり、納税期間が1年を超えると税率が2倍になるため、余分な税金を払わないためにも必ず確定申告しましょう。

取り立てが行われる

税金が未納の場合には督促状が届きますが、それでも税金を払わない場合は取り立てが行われる可能性もあります。取り立てが行われると、給与や銀行口座、不動産などの資産が差し押さえられ強制的に税金を払わなければいけません。さらに納税の拒否を続けると、最悪の場合に逮捕される可能性もあります。

ビーベット(BeeBet)で楽しく遊んで儲けたお金にもかかわらず、取り立てが行われては人生台無しです。ビーベット(BeeBet)で長く遊び続けるためにも、しっかり税金を払いましょう。

ビーベット(BeeBet)での税金を払わないといけない理由

ビーベット(BeeBet)での税金を払わないといけない理由

ビーベット(BeeBet)を含むオンラインカジノでの税金は、以下3つの理由によりバレてしまうため、必ず払わなければいけません。

  • 金融機関の口座に入金履歴が残るから
  • 税務署がお金の流れを調べるから
  • 金融機関が税務署に報告するから

ビーベット(BeeBet)から金融機関の口座に出金すると、入金履歴が残るため収入をごまかせません。また、税務署や金融機関はお金の動きには敏感であるため、不正なお金の入出金は怪しまれます。

なぜ税金の未納がバレるのか、それぞれ詳しく解説していきます。

金融機関の口座に入金履歴が残るから

ビーベット(BeeBet)で税金を払わなければバレる理由は、金融機関の口座に入金履歴が残るからです。入金履歴には入金元や日時などの詳細が記録されるため、ごまかせません。

特に大金が入金された場合には、金融機関や税務署から犯罪や不正行為をしているかもしれないと怪しまれる可能性があります。そのため、ビーベット(BeeBet)で収入がある際には、金融機関の口座に入金履歴が残るため必ず税金を払いましょう。

税務署がお金の流れを調べるから

税務署では、お金の流れを調べられるため、ビーベット(BeeBet)で税金を払わなければバレてしまいます。税務署は「税務調査」を行い、個人や法人がどの程度の収入があるのかを把握できるのです。税務調査の対象になる可能性のある方には、以下のような特徴があります。

  • 所得申告をしていない
  • ​​収益が大きく増加している
  • 申告内容に怪しい点がある

ビーベット(BeeBet)からの入金は海外から行われるため、税務署に怪しまれるかもしれません。税務調査が行われると、収入の金額や適切に納税しているかも確認されるため、不正行為はバレてしまいます。税務署に怪しまれないためにも、ビーベット(BeeBet)での収入はきちんと申告しましょう。

金融機関が税務署に報告するから

ビーベット(BeeBet)から税金を払わなければバレる理由は、金融機関が税務署に報告するからです。

ビーベット(BeeBet)で出金したお金は海外から金融機関の口座に振り込まれ、100万円以上の振り込みがある場合には金融機関に怪しまれます。海外から多額の振り込みがある場合には、何らかの犯罪や不正行為などが行われていると金融機関や税務署から疑われるかもしれません。

そのため、ビーベット(BeeBet)から大きなお金を出金した際に税金を払わなければ、税務署にバレてしまいます。ただし、海外から多額の振り込みがある場合でも、確定申告で適切に収入を申告し、税金を支払えば金融機関や税務署から疑われることはありません

ビーベット(BeeBet)での所得と税金はどのように計算するのか?

ビーベット(BeeBet)での所得と税金はどのように計算するのか?

ビーベット(BeeBet)での所得は「一時所得」として扱われ、一時所得には「所得税」と「住民税」が課せられます。それぞれの計算方法について以下で詳しく解説していきます。

ビーベット(BeeBet)での税金がどの程度かかるか事前に把握できると、納税のためにお金の使い過ぎを予防できるので、ぜひ参考にしてください。

所得(課税対象額)の計算方法

一時所得とは「労働以外で得た収益」のことであり、ビーベット(BeeBet)での一時所得と一時所得の課税対象額は以下のように計算します。

  • 一時所得の金額=(ビーベットで儲けた金額)-(ビーベットでの入金額)-特別控除額(最高50万円)
  •  一時所得の課税対象額=(一時所得の金額)×1/2

※一時所得の金額を求める際の「ビーベットで儲けた金額」と「ビーベットでの入金額」は勝った時のみの金額が適用されるので注意が必要です。

例えば、ビーベット(BeeBet)で儲けた金額が50万円以下の場合は、特別控除の50万円を差し引くと「0円」になるため非課税です。

また、ビーベット(BeeBet)で儲けた金額が150万円、ビーベット(BeeBet)の入金金額を30万円と仮定すると、以下のように計算されます。

  • 一時所得=(150万円)ー(30万円)ー(50万円)=70万円
  • 一時所得の課税対象額=(70万円)×1/2=35万円

所得税

所得税とは「所得の金額に応じてかかる税金」のことで、以下のように計算されます。

  • 所得税={(給与所得)+(一時所得の課税対象)}×(税率)ー(控除額)

所得税における所得金額による所得金額と控除額を以下の表で簡単に紹介します。

課税所得金額税率控除額
1,000円から194万9,000円まで5%0円
195万円から329万9,000円まで10%9万7,500円
330万円から694万9,000円まで20%42万7,500円
695万円から899万9,000円まで23%63万6,000円
900万円から1,799万9,000円まで33%153万6,000円
1,800万円から3,999万9,000円まで40%279万6,000円
4,000万円以上45%479万6,000円

例えば年収400万円の方で、ビーベット(BeeBet)での一時所得の対象額が35万円の場合の所得税は以下のように計算します。

  • 所得税=(400万円+35万円)×0.2(税率)ー42万7,500円(控除額)=44万2,500円

住民税

住民税とは「住んでいる自治体で使用される費用や公共サービス費用をまかなうための税金」です。住民税は都道府県や自治体により税率が異なり、控除額が複雑であるため、簡単な求め方を以下で紹介します。

  • 住民税=(ビーベットでの一時所得の対象額)×10%

例えば、ビーベット(BeeBet)での一時所得の対象額が35万円の場合の住民税は以下のように計算します。

  • 住民税=(35万円)×10%=3.5万円

ビーベット(BeeBet)での税金を確定申告する方法

ビーベット(BeeBet)での税金を確定申告する方法

ビーベット(BeeBet)で一定額以上の所得がある場合、確定申告が必要です。確定申告は毎年2月16日から3月15日までと期間が限られているため注意しましょう。ビーベット(BeeBet)での税金を確定申告するためには、以下3つの書類が必要です。

  • 支払調書
  • 支出に関する領収書
  • 源泉徴収票(他で収入がある場合)

支払調書はビーベット(BeeBet)では発行してくれないため、自分で作成する必要があります。書類作成方法が分からない場合は、確定申告前に税務署に相談しておきましょう。また、確定申告のときには上記3つの書類を用意し、確定申告書に以下の項目を記入しなければなりません。

  • 所得:一時
  • 種目・所得の生じる場所:1ban Ventures B.V【ビーベット(BeeBet)の運営会社】
  • 収入金額:勝った時の儲けた金額(50万円を控除していない金額)
  • 必要経費など:かかった費用

確定申告書は「税務署」と「e-Tax」の2通りで確定申告できます。税務署で確定申告を行う場合は、住んでいる地域により税務署が異なるため、事前にどの税務署で確定申告を行うのか確認が必要です。また、確定申告時期の税務署はとても混み合うため、早めの確定申告を済ませましょう。

e-Taxを使用する場合は、インターネットを使用して確定申告をおこなうため場所や時間を問いません。しかし、分からない部分は自分で調べなければいけないため、不安な方は税務署に行きましょう。

ビーベット(BeeBet)で税金を払う際の注意点

ビーベット(BeeBet)で税金を払う際の注意点

ビーベット(BeeBet)での勝利金に関わらず、税金は適切に払わなければいけません。税金を納める際には以下2つの注意点を守る必要があります。

  • 確定申告の期間に必ず納税する
  • どの程度所得があるのかを把握する

上記の注意点を守らなければ、脱税と疑われたり、罰則を与えられたりする可能性があるため、しっかり確認しておきましょう。

確定申告の期間に必ず納税する

まずは、確定申告の期間に必ず納税することです。ビーベット(BeeBet)で税金を払ったことがない方は「確定申告の期間」と「課税対象となる期間」それぞれを把握しましょう。

  • 確定申告の期間:毎年の2月16日から3月15日まで
  • 課税対象の期間:前年の1月1日から12月31日まで

確定申告期間は1ヵ月間しかなく、書類や申請内容に不備がある場合は確定申告に時間がかかるため、事前に準備が大切です。もし確定申告を忘れてしまうと、加算税や延滞税の対象となる可能性があるため、確定申告の期間内に忘れず納税しましょう。

どの程度所得があるのかを把握する

ビーベット(BeeBet)での税金は、勝利金の金額により納税額が異なるため、確定申告前には、どの程度所得があるのかを把握することが大切です。ビーベット(BeeBet)で遊んだ際に勝った時の儲けたお金が税金の対象であるため、負けた時の払い戻し金額は対象ではありません。

確定申告期限ぎりぎりで1年分の所得を計算するのは大変なので、ビーベット(BeeBet)で勝った時は、勝利した金額を記録しておくことが大切です。申請額を適切に計算しなければ、税金を払いすぎたり、税金の申告が漏れたりする可能性があります

税金で損をしないためにも、ビーベット(BeeBet)で勝った際の儲けた金額を日頃から記録し、所得を把握しておきましょう。

ビーベット(BeeBet)での税金を少なく抑える方法

ビーベット(BeeBet)での税金を少なく抑える方法

ビーベット(BeeBet)で儲けたお金を手元に残すためにも、税金の支払う金額をできるだけ抑えたいところです。ビーベット(BeeBet)での税金を少なく抑えるためには以下3つの方法が有効です。

  • 50万円以下に勝利金を抑える
  • 50万円以上の出金をしない
  • 国外の決済代行業者を活用する

それぞれ簡単に行える対策であるため、ひとつずつ理解していきましょう。

50万円以下に勝利金を抑える

ビーベット(BeeBet)での税金を少なく抑えるためには、勝利金を50万円以下に抑えることです。1年間に儲けた金額が50万円以下であれば、特別控除により税金の支払いが必要なくなります

ビーベット(BeeBet)の勝利金が50万円以下であれば確定申告も不要であるため、確定申告に向けての手間も必要ありません。ビーベット(BeeBet)を時々しか遊ばない方は、勝利金が50万円以下になるように遊びましょう

ただし、ビーベット(BeeBet)でたくさん遊びたい方で勝利金を50万円以下に抑えることが難しい場合には、以下の手段を検討してみましょう。

50万円以上の出金をしない

ビーベット(BeeBet)での勝利金を節税したい方は、日本の金融機関口座に50万円以上を出金しないようにしましょう。金融機関の口座への入金額が50万以下の場合も特別控除の適用になり、税金を払う必要がありません。また、確定申告の必要もないため、準備や申請などの手間がかかりません。

ただし、ビーベット(BeeBet)から日本の金融機関口座へ出金する場合には、手数料がかかり出金額が少なくなります。ドルから円へと単位が変わり為替の影響を受けるため、さらに出金額が減る可能性もあることにも留意しましょう。

国外の決済代行業者を活用する

50万円以上出金する場合には、国外の決済代行業者を利用することで課税の対象外になります。通帳に記帳されなければ税務署は勝利金の出金について把握できないため、課税対象にはなりません。

国外の決済代行業者とはecoPayzやVega walletなどの電子ウォレット、bitcoinやEthereumなどの仮想通貨のことです。電子ウォレットや仮想通貨に出金したお金で再度、ビーベット(BeeBet)に入金して遊べます。また、ビーベット(BeeBet)から国外の決済代行業者に出金する場合は、ドルのまま入金されるため為替の影響を受けません。

そのため、国外の決済代行業者を利用することで出金額に関わらず税金の対象とならないため、50万円以上出金したい方におすすめです。

ビーベット(BeeBet)での入金・出金方法

ビーベット(BeeBet)での入金・出金方法

ここでは、ビーベット(BeeBet)をスムーズに始められるように「入金方法」と「出金方法」について解説しています。ビーベット(BeeBet)などのオンラインカジノで遊んだ経験がない方は難しいと思われる方もいるかもしれませんが、1度理解すると難しいことではありません

ビーベット(BeeBet)での入金方法と出金方法を分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

入金方法

ビーベット(BeeBet)での入金方法について以下の表で簡単に紹介します。

入金方法・クレジットカード(VISA,MASTER,JCB)
・電子ウォレット(ecoPayz,Vega wallet,MuchBetter,E-WALLETなど)
・仮想通貨(bitcoin,Ethereumなど)
・銀行送金
最低入金金額10ドル
入金限度額10,000ドル
入金手数料無料
入金までの反映時間即時

ビーベット(BeeBet)ではクレジットカードや電子ウォレット、仮想通貨や銀行送金など、さまざまなサービスを利用して入金できます。

最低入金金額は10ドルからですが、決済手段によっては20ドルからの場合があるため、決済前には必ず確認しましょう。また、入金限度額も同様に決済手段により異なるため、決済前に確認が必要です。

入金後は即時反映されるため、決済サービスに関わらずすぐ遊び始められるためストレスがありません

出金方法

ビーベット(BeeBet)での出金方法について以下の表で簡単に紹介します。

入金方法・電子ウォレット(ecoPayz,Vega wallet,MuchBetter,E-WALLET)
・仮想通貨(bitcoin,Ethereum)
・銀行送金
最低入金金額10ドル
入金限度額(1回)10,000ドル
入金手数料無料(銀行送金の場合は3.5%)
入金までの反映時間当日から48時間以内

ビーベット(BeeBet)での出金方法は、入金方法と同様にさまざまな決済サービスを使用できます。基本的に出金手数料は無料ですが、銀行送金の場合のみ3.5%の手数料がかかるため、手数料を支払いたくない方は銀行送金以外の手段がおすすめです。

また、ビーベット(BeeBet)は出金申請から出金されるまでに時間がかかるため、計画的に出金申請を行いましょう。

パチンコや競馬で儲かったお金は課税の対象になるのか?

パチンコや競馬で儲かったお金は課税の対象になるのか?

パチンコや競馬で儲かったお金も課税の対象なので、必ず確定申告が必要です。パチンコや競馬の勝利金は基本的に窓口を通して手渡しでもらうため通帳に記帳されませんが、収入を得た場合の納税は必須です。通帳に記帳されない場合は、毎回賭けた金額や勝利金の金額を記録しなければ、後で計算することが大変になるため注意しましょう。

また、数百万円から数千万円などの大金を1度に勝利すると、金融機関から税務署に連絡が行く可能性があります。インターネットで馬券を購入した場合でも、勝利金が口座に振り込まれ記録が残るため、儲けた金額が一定額を超える場合は必ず納税しましょう。

ビーベット(BeeBet)の税金についてよくある質問

ビーベット(BeeBet)の税金についてよくある質問

損をせずビーベット(BeeBet)で遊ぶためにも、税金についてよくある質問を4つ紹介します。ビーベット(BeeBet)を使ってから困らないように、事前によくある質問を確認しておきましょう。

  • 学生でもビーベット(BeeBet)で勝利すると税金は払う必要がある?
  • 公務員がビーベット(BeeBet)で税金を払うと職場にバレる?
  • ビーベット(BeeBet)での勝利金を出金しなくても税金はかかる?
  • ビーベット(BeeBet)で支払い調書を発行してくれますか?

以下でそれぞれの質問についての回答をします。

学生でもビーベット(BeeBet)で勝利すると税金は払う必要がある?

学生でもビーベット(BeeBet)で勝利すると税金の支払いが必要です。

給与所得がない学生の場合、勝利金または出金額が「50万円以下」のときは税金の支払い義務はありません。ただし、アルバイトなどで給与所得がある場合は勝利金または出金額が「90万円以上」のときに税金を払わなければいけません。

また、勝利金が103万円を超える場合は親の不要から抜けなければならないため、稼ぎすぎには注意が必要です。

公務員がビーベット(BeeBet)での税金を払うと職場にバレる?

ビーベット(BeeBet)で儲かったお金に対する税金は、徴収方法を「普通徴収」に切り替えるとバレません。

普通徴収は自治体から送られてきた通知書に従って税金を払うため、会社には給与所得以外の収入があることは分かりません。しかし「普通徴収」以外に「特別徴収」があり、特別徴収では会社が税金を納付します。特別徴収を選んでしまうと所得が増えていることが職場にバレてしまい、副業や何らかの収入があると発覚してしまいます。そのため、確定申告の際には次回以降から「自分で納付」を選択しましょう。

ビーベット(BeeBet)での勝利金を出金しなくても税金はかかる?

ビーベット(BeeBet)を含むオンラインカジノでは、勝利金を出金しなくても税金はかかります。

ビーベット(BeeBet)の利益額は一時所得に該当し、計算方法は以下のようになります。
一時所得=(勝利金)ー(賭け金)

出金の有無ではなくビーベット(BeeBet)での利益額が課税の対象になるため注意が必要です。ただし、プレイした時の収支がプラスの日のみが対象となります。

ビーベット(BeeBet)で支払調書を発行してくれますか?

ビーベット(BeeBet)では支払調書を発行してくれません。

支払い調書とは収支の内容をまとめたものであり、確定申告をする際に収入を証明するための書類です。しかし、支払い調書を発行してくれないからといって、確定申告を免除された訳ではありません。そのため、確定申告の際には1月から12月の一時所得について計算し、まとめておきましょう。

ビーベットでの税金をしっかり払って楽しく遊びましょう

ビーベットでの税金をしっかり払って楽しく遊びましょう

ビーベット(BeeBet)での税金をしっかり払うことで、税務署や金融機関に怪しまれることなく楽しく遊べます。しかし、税金を納めなければ以下の3つが起きる可能性があります。

信用情報が傷ついてしまう

重加算税(罰金)を納める必要がある

取り立てが行われる

ビーベット(BeeBet)などのオンラインカジノは、楽しく遊ぶものであるため、税金を払わずに上記の3つを回避しましょう。今後もビーベット(BeeBet)で楽しく遊び続けるために、確定申告の時期には必ずビーベット(BeeBet)での収入を適切に申請することが必要です。

ビーベットの関連記事

注意喚起
beebet-tax-top

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次